さんご草編
 日本一のさんご草群落地

「日本一の群落地」

サンゴ草(アッケシ草)は塩分のある湿地に生え、9月中旬から10月にかけ真っ赤な絨毯を敷いたように色づきます。高さは15センチくらいでサンゴのように見えることからこの名がついています。 能取湖南岸はサンゴ草の群生が最も多く日本一の群落地として知られています。

「観光客と記念撮影」

美人には目のないニポポンはさっそく記念撮影。 緊張して、どこから来たのか聞くのを忘れました。

「絵になるね」

サンゴ草の中でバッチリきめてみました。